No.149

東京で横手が熱い!vol.1(美術館編)

No. 149 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
こんにちは。東京の春の香りをちょっぴり身にまとってきたかなちゃんです。

増田町のりんごジュースが東京の国立美術館で販売されていることは以前のブログで紹介しましたたが(3月2日掲載)、かなちゃんのこの目でしっかり見てきましたよ。

新国立美術館のルノワール展、国立西洋美術館のフランク・ブラングィン展、両会場で秋田県横手市のりんごジュースが好評発売中でした!
休日ということもあり、ショップ内は肩と肩がぶつかるくらい混雑していました。数ある展覧会グッズの中で、りんごジュースはある意味異色!?
でも、展覧会のポストカードとりんごジュースがセットになって200円というのはとてもお買い得セットのように感じます。

202302161304303-admin.jpg

それにショップの店員さんはとても丁寧に「これは秋田県横手市産のりんごジュースで、100%皮ごと搾ったストレートジュースなんですよ。シャーベットにしてもとってもおいしいんです。」と、りんごジュースに愛情を持った接し方をしてくれていて、とても好印象でしたo(*^▽^*)o~♪

202302161304302-admin.jpg
202302161304301-admin.jpg

普通、展覧会と言えば絵画を観るものでしょうが、かなちゃんの場合はりんごジュースの様子を見に行った感じです。柱の陰からりんごジュースが売れるかどうかハラハラしながら見ている、まるで星飛雄馬を見守る明子姉さんの心境です。
目の前で2個3個と売れていくと、思わず小さくガッツポーズ。柱の陰から出て行き、「ありがとうございました」と思わず言ってしまいそうになりました。
( ̄∇ ̄*)( ̄∇ ̄*)( ̄∇ ̄*) (※ショップの様子は残念ながら撮影できなかったため掲載できません)

国立西洋美術館は上野公園内にありますが、もうお花見祭りが始まっているんです。猛吹雪の秋田からやってきた私は、「ここは同じ日本か!?」と愕然としました。

お花見にいたした方には、お酒で楽しむのもいいですが、芸術にも触れ、ぜひ健康的に横手のりんごジュースを飲んでいただきたいなぁと思います。

20230216130430-admin.jpg

次回ブログは「東京で横手が熱い!Vol.2 (アンテナショップ編)」をお伝えします。

〔 897文字 〕

■カレンダー:

2010年3月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

↑ PAGE TOP