2011年4月の投稿7件]

2011年4月16日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

「陽みつぱ」速報!

No. 227 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
 こんにちは、ヒデくんです。

今日は、はっきりしない天気でしたが、実験農場で「陽みつぱ」の生育状況を確認してきました。

若葉マークの私にとって、初対面の「陽みつぱ」にはビックリさせられました。

販売されている、パック「みつば」のイメージから、もやしのように「わしゃ、わしゃ」と生っているかと思っていた私には、その気高く、可憐な生育具合は、まさにエレガント!

素敵!
202302171621021-admin.jpg

収穫作業!
20230217162102-admin.jpg

昨年6月に種を撒いた「陽みつぱ」が、ゴールデンウィーク後の約2週間、お店にお目見え予定です。どうぞご期待ください。

〔 264文字 〕

2011年4月22日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

春を感じて

No. 226 〔12年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
春眠暁を覚えず。
こんにちは。年中頭が春眠状態 かなちゃんです。

春ですねぇ~。
皆さんは、どんな瞬間に春を感じますか?

春色の服を着た女性を見かけたとき
風や空気や雨の香りを感じるとき
道端に黄色のクロッカスの花を見つけたとき

そして、我が家の食卓にバッケが並んだとき

私の母せっちゃんは、ここ毎日、愛犬『こごみ』の散歩がてら、田んぼからバッケを採ってきます。バッケというのは『ふきのとう』のことで春の訪れを告げる草花です。
ちなみに犬の名前ですが、こごみが採れる時期に我が家にやってきたのと、シッポがこごみみたいにくるんっとなっているので『こごみ』と命名されました。かわいいでしょ!

さて、話は『バッケ』に戻りますが、今、市内のスーパーや直売所に行くと『バッケ』の小さなつぼみがパックに10個ほど入って、割といいお値段で売られています。

それをせっちゃんは、タダで!しかも朝採り新鮮バッケを手に入れてくるのです。

天ぷら→バッケ味噌→天ぷら→バッケ味噌→天ぷら→バッケ味噌と、規則正しく毎日の食卓に登場し、ありがたくも、毎日がスプリングフェア開催中!

でも、いくらタダとはいえ、毎日ですよ、毎日(´Д`) =3 ハゥー
春が来たぁ~!と感動するのは1クール目までです。

ある疑念が私の頭を渦巻きます。

毎日毎日せっちゃんは、一体どこからバッケを採取してくるのかと・・・。
犬の散歩・・・、バッケの密集地帯・・・、絶好のマーキング地!?

いやいやいやっ、せっちゃんだって食べてるんだもん。
あんまり余計なことを考えないように、せっちゃんを信じて、ここしばらくはほろ苦い春を口いっぱいに感じようと思います。

20230217161935-admin.jpg

〔 722文字 〕

2011年4月18日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

お酒とともに

No. 225 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
最近、目の下のクマがとれにくくなった・・・  GOです!


GOは、運動不足を解消するため、というか、気兼ねなく晩酌をするために、毎週日曜日にランニングと温泉に入るため、雄物川のえがおの丘に通っている。

すこぶる天気の良い日曜日。その日もえがおの丘に行くために国道107号線を走っていると、

目の前にはGTOに乗ったカップルが。あまりにカッコイイ光景に少しイラッとしてしまった。

なんと器の小さいことか。

GTOが僕の前から姿を消し、気分よく運転しはじめると、国道沿いに豚肉屋さんを発見。

なんと、これは、先週職場の先輩かなちゃんから伝え聞いた豚肉屋さんではないか。

以下、先週の職場の会話
(かな)「平鹿にある○○ポークさんの豚のたたきめちゃめちゃうまいよ~、生でも食べれるんだよ~。」
(GO) 「おっ、マジすか!?ぜひ、いってみよ~♪食ってみて~♪」

以下、GOの頭の中の妄想
~しかし、まてよ。豚のたたき!?本当にうまいのか??鯉のたたきや、ねぎとろは大変好物であるが、豚を小刻みにして生で食べることができるのか?あやしい~と正直思った。

そんな妄想を思い出しつつ、お店に入ってしまう僕。怪しげに店頭を見回すが、どこにも思い描いた’たたき’は売っていない。おそるおそる聞いてみる。

「豚のたたきってあります??」

「あ~、たたきね。それなら、今持ってくるね。」

と小気味よい店員さんが言い、奥からその品物を持ってきてくれた。その時、あぁ、これかぁと思った。いわゆる形状は「かつおのたたき」である。「なんとして食べるんですか」と尋ねたところ、「30分程度、冷水で解凍して、ねぎとしょうがで食べるとおいしいよ」と、親切に教えてくれた。

ランニング後の、晩酌のおともに丁度いいと思い、帰宅後さっそく、包丁で薄めにカットし、いわれたとおりに、ポン酢にねぎとしょうがを添えて準備完了。

20230217161703-admin.jpg

豚のたたき
カットしてみたら、なんといいあんばいの色したお肉だこと。見た目的にも想像以上の上物に珍しく心高ぶる。食べてみると想像どおり、まわりの脂身と中心部のしまった肉が丁度良く理屈抜きでめちゃめちゃうまかった。味音痴の僕の好物として急に割り込んできた一品。

すご~く贅沢な晩酌であった。かなちゃんありがとぉ~~。

〔 973文字 〕

2011年4月15日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

「がんばろう!東北・仙台 応援フェア」の開催!!

No. 224 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
 こんにちはヒデくんです。

 東日本大地震や福島の原発事故など、暗い話題が多い最近ですが、ここ数日の夕焼けがなんときれいなこと!! 「食と農からのまちづくり」ロゴそっくり!被災地にも明るい日差しが注がれるごと祈ります。

 さて、4月19日(火)~20日(水) 10:00~16:00に、仙台市青葉区一番町 おおまち商店街の八百長商店(果樹菜)において、「がんばろう!東北・仙台 応援フェア」を開催します。

 これまで、テストマーケティングとして数回、直売会を開催してきましたが、今回は、東日本大震災復興支援に少しでも役に立ちたい、元気になってほしいという願いを込めて、横手市、十文字リーディングカンパニー、農産物生産者、加工者が、東北・仙台を応援することを主たる目的として直売会を実施します。

 また、まごころのプレゼントとして、1,000円以上購入された方に、(1日先着300個限定で2日間)横手産シシリアンルージュピューレジュースとしっとり饅頭をプレゼントします。さらに、さらに、そのプレゼントには、市内の小学生が書いた心温まる応援メッセージが添えられています。

 農家の方々の協力で鮮度・価格・ボリュームで仙台にまごころと農産物をお届けし、元気になってなってもらいたいと思います。
「がんばろう東北・仙台!」

 仙台市在住のお知り合いの方々に、ぜひこの「がんばろう!東北・仙台 応援フェア」の宣伝をして下さるようお願い致します。

場所は十字ポインタになっているところです。

20230217161250-admin.jpg

〔 673文字 〕

2011年4月12日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

小さな芽

No. 223 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
202302171607485-admin.jpg

今生まれたての小さな芽、見ーつけた。
この小さな芽、一体何の芽でしょうか。

よく晴れた4月のとある日、私は横手市実験農場に出かけました。
いつもいるはずの作業員さんたちの姿が見えません。どこにいるんだろうとハウスの中をのぞいてみると・・・、いました、いました!

みなさん下を向いて、一言も喋らず、ピンセット片手にただ黙々と作業をしています。

 202302171607484-admin.jpg

いつもはデカイ声と笑い声のかなちゃんも自然と声が小さくなり、
「今、何してるんですか~。」と小声でささやいてみました。

今、実験農場ではトマトの播種(種まき)作業真っ盛りだそうです。
皆さんが、一粒一粒丁寧にポットの中に蒔いているのは・・・、

202302171607483-admin.jpg

じゃじゃーん!今や横手市特産品の顔、一押し商品シシリアンルージュです!
ふぉ~っ!!!種ってこんなに小さいんだぁーーー!

かなちゃんの驚いた声で、一瞬にしてどっかに飛んでいってしまうほど、小さい小さい種です。

かなちゃんも種まきに初挑戦!
くしゃみとかしないように、鼻息で飛んでいかないように慎重に蒔きます。

私が蒔いたところだけ芽が出てこなかっらどうしよう・・・。
夜な夜なトトロの芽が出る踊りでもしようかしら・・・。
無事に芽が出るよう念を込めて蒔きました。

ハウスの中を見渡すと、芽が出たばかりのもの、ちょっと成長したもの、もう農家さんに手渡すことができる状態のものなど、様々な段階のシシリアンルージュを見ることができました。

202302171607482-admin.jpg
202302171607481-admin.jpg

ここ、横手市実験農場から昨年は約1600本の苗が横手市内の農家さんの手に渡っていきます。
今年もきっと真夏の太陽に負けないくらいの真っ赤な実が鈴なりに生ることでしょう。

今後も、真っ赤な宝石「シシリアンルージュ」から目が離せませんね!

20230217160748-admin.jpg

「食と農からのまちづくり」ホームページのトップ画面も、シシリアンルージュの苗作り作業の様子です。そちらも併せてご覧くださいね。
http://www.syoku-yokote.com/

〔 853文字 〕

■カレンダー:

2011年4月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

↑ PAGE TOP