2009年9月の投稿12件]

2009年9月30日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

あっという間に完売です!

No. 78 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
今日は黒川小学校3年生が栽培した枝豆(ひでん)の販売日です。
準備の様子は9月28日のブログをご覧ください。

小学校3年生ながら、ちゃんと市場調査をし、販売場所・価格などを自分たちで決めました。

午前10時から横手地域局前広場で販売するというので、かなちゃんもその様子を伺いに行ってきました。

おはようございまーす!元気な声が聞こえてきました。枝豆販売に意欲満々な様子です。
みんなの普段の行いがよいのか、天気はバッチリ晴れ!
絶好の販売日和です。

テキパキと準備を済まし、さぁ!販売開始・・・と思ったら、もうお客さんが集まってきて枝豆がどんどん売れています。

 202302151308585-admin.jpg

横手地域局に用事があってきたお客様のほとんどが立ち寄ってくれました。
場所のマーケティングもばっちり当たりましたね。

チラシを庁舎内に配る係、目印の旗をふってお客様を呼び込む係など、11人でそれぞれ役割分担をしてお客様を集めます。

202302151308584-admin.jpg

「日本一おいしい枝豆ですよ~、いかがですか~!」
おっ!元気があっていいね。

202302151308583-admin.jpg

これは「おつり早見表」です。
1,000円札、5,000円札で支払った場合のお釣りが瞬時にわかるようにテーブルに置かれていました。
すばやく正確に売るための工夫がされていますね。


10時に販売を開始して、あれっ!?もうない・・。
完売です!
只今の時刻10時9分

なんと、9分で70袋の枝豆が売れました。カリスマ店員だね。
販売戦略大成功!

 202302151308582-admin.jpg
「やったー!!!売れたよ!」イエ~イ!

202302151308581-admin.jpg
さぁ、売り上げを確認しましょう。

「このお金はどうするんですか?」と子どもたちに聞いたところ、
「空気入れを買いまーす!」
本当に嬉しそうに答えてくれました。

空気入れとはちょっと以外。
でも、自分たちのがんばりで手に入れたものだから、きっと大事に大事に使うんだろうな。

さて、商品は全部売れてしまい、残ったのは試食用の枝豆。
「先生~!食べていいですかぁ?」
「いいよ、みんなで分けて食べてね。」


うめっ!!!

20230215130858-admin.jpg

がんばったあとだもんね。おいしいでしょう!

かなちゃんも試食用を食べさせてもらいました。
えーーーーっ!超うめっ!!!]]
[B:[C:deeppink:プロの農家顔負けの味です。

ゆで加減も、塩加減も、鮮やかな緑色もグッド!
佐藤先生ナイスです。

かなちゃんが今回感心したのは、子どもたちは全然恥ずかしがらないということです。「いらっしゃいませ~」「おいしいですよ、いかがですか~」と大きな声で言えるってすごい!
子どもたちも今回の活動でいろんな事を勉強したと思うけど、かなちゃんもとっても勉強になったよ。

空気入れ買って、ボールにはいつでも空気がパンパン。よく弾むんだろうな。みんなの笑顔と一緒だね\(○^ω^○)/

〔 1194文字 〕

2009年9月28日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

私たちが作った枝豆おいしいよ!

No. 77 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
今日は小学校3年生が作ったおいしい枝豆のお話をします。

よく子どもたちが学校菜園で野菜を作り、それを収穫して食べるというは聞くことがあります。
でも、横手市立黒川小学校の3年生11名はその上を行く!
なんと!自分たちが育てた枝豆を販売するというのです。すごいでしょ、3年生がですよ。

販売前の準備作業をしているというのでおじゃましてみました。

 202302151302052-admin.jpg

11人が役割分担を決めて熱心に作業していました。
この班はチラシを作っていました。「えだまめくん」というキャラクターまでいるんですよ。

販売場所と値段は、社会見学(まち探検)をした時に、ちゃんとマーケティングしてきたんだって。
どこに人がいっぱい集まるのか、スーパーでは一袋何g入っていて、いくらで売られているのかなど、ちゃんと調べた上で販売場所、価格を決めたんだそうです。

マーケティング推進課のかなちゃん、軽く負けています・・・。

調査の結果、販売場所は横手地域局前広場に決定しました。
価格は、スーパーよりも安くをモットーに、一袋200g入り100円で販売するそうです。

いい場所見つけたねぇ。しかも安い!

202302151302051-admin.jpg

「ひでん」という品種の、遅い時期に収穫される枝豆ですが、お味の方は・・・、
自信をもってうめっ!!!

みなさん、この旗が目印ですよ!

20230215130205-admin.jpg

日本一おいしい枝豆、みなさんぜひ買いに来てください!
3年生の売り子さんたちが一生懸命がんばってまーす!

と き 9月30日(水) 午前10時頃
ところ 横手地域局前広場
販売品目 枝豆「ひでん」(200g入り)70袋限定
価 格 100円

〔 702文字 〕

2009年9月27日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

山の恵み

No. 76 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
いや~、時が過ぎるのって早いですね。
先週の今頃B1グランプリだったなんて信じられませんね。

かなちゃんも久々の休日。何して過ごそうかなぁとあれこれ悩んでみました。お買いもの?小旅行?・・・が、やっぱり気になるんです。
山が!

かなちゃんの場合、山と言っても登山とかピクニックとかそういうものじゃなくて、食べ物を採取するところ、
つまり「狩猟の場」なんです。(はい、毎度おなじみ日本大げさ協会でございます。)

春のわらびに続き、かなちゃんの場合狩猟といっても、なんちゃって山菜とり。槍や弓、鉄砲などは持っていきません。山の奥にも行かないし、車が通る音が聞こえるような場所でしか採りません。もちろん横手市内ですよ。
でもね、あるところにはあるんです。キ・ノ・コが。

202302151258012-admin.jpg

おっ、第一きのこ発見!
かなちゃんお目当ての「さわもたし」です。
「さわもたし」は醤油で煮て良し、いものこ汁に入れても良し、冬は納豆汁に入れたら最高にうめっ!

202302151258011-admin.jpg

これは杉の木に生える「すぎわけ」です。
きれいな白色、香りも大変よくおいしそうなのですが、数年前から急性脳炎、急性脳症を発症する例が出ており、最近ではめったに食べなくなってしまいました。さすがの食いしん坊かなちゃんも泣く泣く見送ることに・・・。
昔はおいしく食べたんだけどなぁ。

さて、今回の収穫は「ひとかやき(ひと鍋)分」。
醤油、みりん、砂糖でちょっと甘めに煮て大根おろしを添えます。

20230215125801-admin.jpg

秋の山の恵み、いっただきま~す!
うめっ!

秋晴れの幸せな休日でした。

〔 663文字 〕

2009年9月25日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

山内のいものこ

No. 75 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
以前のブログで、「なべっこ遠足」のことに触れたことがあるような・・・。
山形で言う「芋煮会」的なものを横手では「なべっこ遠足」と言います。
その味付けは醤油か味噌か・・・。
この話をすると決着がつかなくなるのでスルーしましょう。

今日はその中身のお話。
そう!なべっこ遠足の主役「いものこ汁」のいものこにスポットを当てていきたいと思います。

里芋のことをここら辺では「いものこ」と言います。
芋の子どもだからなのか?
さして重要じゃないところについついささってしまうのがかなちゃんの悪い癖です。

おいしいいものこの産地として知られている山内地域におじゃましました。

202302151253552-admin.jpg

うぉー!トトロが雨宿りしている時の葉っぱだ!
いえいえ、これはいものこの葉っぱです。
この葉っぱの下に芋の子どもがいるんだなぁ。

掘ってみて新たな事実が判明しました。
子どものみならず、親、子ども、孫まで存在することが明らかになりました。
「いものこ家族」です。

202302151253551-admin.jpg

しかも!一番外側の孫が一番栄養を蓄えていておいしいと言うじゃありませんか。
世の中のものは大抵少々年を重ねたほうが脂がのっておいしくなるような気がしますが、いものこの世界はそうではなかった・・・。
でも考えてみると、やっぱり人間の世界も一緒で孫は一番かわいがられるもんね。
親から子へ子から孫へ、 その栄養分は孫へと受け継がれてゆくものなんですね。

いものこの家族構成について熱く語ってしまいましたが、肝心の味ですが、これについてはもっと熱くなっちゃいます。

山内のいものこは食べると口の中でとろ~んととけて、粘りもあり、本当に
うめっ!!!
芋とつくもの数多くあれど、山内のいものこは別格です。
大地の温もり、恵みが凝縮したような味です。

それが、いものこ汁に入れば・・・、

20230215125355-admin.jpg

幸せ~♪♪♪

醤油でも味噌でも、子でも孫でも全部うめっ!

結論がこれかよーーーっ!とお思いの皆様、
とにかく一度食べてみてたんしぇ!

〔 848文字 〕

2009年9月24日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

祭りのあと

No. 74 〔13年以上前〕 , マーケティングから , by 食と農ブログ Icon of admin
みなさん、シルバーウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?
B1グランプリには行ってきましたか?

横手やきそばがB1グランプリで見事金の箸を獲得したことにより、市内の焼そば屋さんには行列ができ、すんごい賑わいだったそうです。
嬉しい悲鳴があちらこちらから聞こえてきました。

かなちゃんは19,20の両日、中心市街地会場にいました。今でもあの行列、人混み・・・目に焼き付いています。

B1グランプリが終わり、シルバーウィーク残りの3日、毎日その会場だった道を通りました。行列も、テントも、おいしそうな匂いも、煙も何一つ残っていません。あの二日間は夢だったのかなとすら思えてきました。

祭りのあとって何でこんなに寂しいのかな。
子どもの頃24時間テレビ放送されると夏休みが終わっちゃうと思ったあの感じに似ています。

休み明け、まったりモードスタートでいきたいところですが、そうも言っていられません!

横手が金色に輝くのはまさしく今!

20230215125003-admin.jpg

収穫を待つ稲穂が「今年もうめよっ!」と黄金色に輝いています。

〔 461文字 〕

■カレンダー:

2009年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

↑ PAGE TOP