全年全月12日の投稿46件]

2023年6月 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

五目寒天レシピ【よこて寒天ショー】

No. 1336 〔310日前〕 , よこて寒天ショー , by 食と農ブログ Icon of admin
よこて寒天ショー、現時点でのラストを飾っていただくのはこちら!

20230510165459-admin.png

≪五目寒天≫
紹介者:松下良子さん


●材料(約15人前)
・棒寒天:24グラム
・水:1200cc
・砂糖:400グラム
・しょうゆ:135cc
☆ゴボウ:100グラム
☆シイタケ:100グラム
☆ニンジン100グラム
☆クルミ:50グラム
・木綿豆腐:400グラム

●つくり方
①.寒天は細かく切って水に2~3時間つけ、ダマがなくなるまで煮溶かす。
②.豆腐はあらかじめ手でほぐし、水気を切っておく。
③.煮溶かした寒天に砂糖、しょうゆを入れる。
④.【3】に細く切った☆の材料を全て入れ、ゴボウ、ニンジンに火が通るまで5~6分かきまぜながら煮る。
⑤.豆腐を入れ、煮立ってきたら火を止めて型に入れて冷やす。
  ポイント!型に入れた後は、はしで中身が均等になるように整える。


* * *


ご応募ありがとうございます!
具だくさんで贅沢な寒天です✨
ゴボウ、ニンジンといった歯ごたえが魅力的です♡
豆腐を加えることで、見た目にもアクセントが出ていますね。
お茶請けとして、おかずとしていかがでしょうか٩(ˊᗜˋ*)و





Instagramでも情報発信しています✨
フォロー、いいね、コメントぜひよろしくお願いします!
横手市食農インフォ(@yokote_syokunou)

〔 604文字 〕

2023年5月 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

柔らかな色合い~増田のりんご染め~

No. 1323 〔340日前〕 , 市内・食・農など , by 食と農ブログ Icon of admin
こんにちは、食農推進課のSです!

今回、増田のりんごを使用した「りんご染め作品展」が行われると聞き、突撃取材してきました(*•᎑<*)-☆

プリティアップルさんについての詳細はこちら!
りんご染め|横手市公式サイト (yokote.lg.jp)

最初に、プリティアップル代表の横山さん、会員の皆さん、ありがとうございます!


20230512134028-admin.jpg
プリティアップルのみなさん🍎


●プリティアップルりんご染め作品展
【場所】増田庁舎1階
【日時】5月12日(金)~5月14日(日)※14日は15:30まで





20230512134006-admin.jpg


作品展は準備の段階からお邪魔しました!
(邪魔にならないように遠くから撮影させて頂いてます)


202305121340061-admin.jpg


使用するりんごは、主にふじ。
以前紅玉でやってみたところ、僅かな色の違いはあったけれど、ほとんど差は見られなかったそうです。


20230512134054-admin.jpg
お洋服とストールの組み合わせが素敵✨


作品作りはりんごの枝を切るところから始まります。
てっきり(勝手に)煮詰めるところから…と思っていたのですが、そうですこれはりんご染め!りんごの下処理が必須工程!Σ(・ω・;ノ)ノ
色が増えるごとに時間がかかりますが、大体3日ほどで完成するそうです。


20230512134113-admin.jpg


202305121341131-admin.jpg
手ぬぐいやハンカチを染めて、使いやすい小物にリメイク。


20230512134136-admin.jpg


白く抜かれている部分は、下地を型紙に塗り、その部分を染まらないようにするんだそうです。
なるほど、絞り染めの場合は輪ゴムを使うと聞いたことがありますが、これは型紙…!と作品を見ていたら、


202305121341361-admin.jpg

「これは洗濯ばさみで作った模様ですよ~😊」

洗濯ばさみ!(伝統柄かと思ったのは内緒です笑)


202305121341362-admin.jpg


作品に色々なアイデアが詰まっています。


202305121341363-admin.jpg


こちらのワイシャツ・ブラウス・バッグは箪笥に眠っていたものをリメイクしたそうです👀✨


20230512134213-admin.jpg


染めることによって雰囲気が変わりますね!


20230512134248-admin.jpg


こちらは一点物のスカーフやハンカチ。
メインは枝と葉から抽出するので、黄色やオレンジの風合いになるそうです。
それ以外の色も出せないかな?と研究されて、媒染剤(生地と染料をくっつける液だそうです)を加えることで様々な色が出るそうです。


202305121342481-admin.jpg


その媒染剤、鉄だったり銅だったりと、理科の授業みたいでした(*∩ω∩)
「鉄の媒染剤を使って一晩漬けたら、酸化して深みのある色になったけど、偶然できた色だから出そうと思っても出せない」とのこと!奥が深い…!!
そのことから、農閑期には積極的に勉強会も開いているそうです。


プリティアップルは亀田小学校の2階が活動拠点です。
眼下にはりんご畑、正面には真人山を据えて、四季折々を楽しむ気持ちと共に作品を作っています。

「プリティアップルは、農家さんのご協力とご好意があって活動できています。周囲の皆さんにはとても感謝しています」と、代表の横山さんは仰っていました。

現在、プリティアップルは13名で活動中。
「興味のある方はいつでもご連絡お待ちしています!」とのことです!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ぜひこの機会に、作品展に行ってみてくださいね!

〔 1330文字 〕

2022年9月 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

10月号のヨコテズキッチンは…『味噌たまり』!

No. 1232 〔1年以上前〕 , 全国発酵食品サミット , by 食と農ブログ Icon of admin
10月の「全国発酵食品サミットinよこて」に向けて準備が進む中、市報も発酵特集を組んでいます♡
 
サミットの情報はこちらからどうぞ!
ステージプログラム好評受付中です✨
全国発酵食品サミットinよこて公式ホームページ (外部リンク)
 
往復ハガキでの申込方法はこちらの記事をご覧ください👍
「全国発酵食品サミットinよこて」が開催されます! (過去の記事)
 
 
発酵食品一色な今日この頃😉❤️
そんな中、市報10月号のヨコテズキッチンのテーマは「味噌たまり」。
みなさん「味噌たまり」はご存知ですか!?
ご存知の方も、「名前だけは知ってる!」という方も、一緒に味噌たまりワールドを覗いてみましょう✨🌍✨
 
生産者の新山食品加工場に「味噌たまり」についてインタビューに伺いました♪
 
20230313211427-admin.jpg
 
いざ、おじゃまします!!
 
 
≪What is 味噌たまり?≫
 
どのように作られているのか、秘密の部屋へ突撃します!
案内されたのは冷蔵室。ひんやりと心地いい空気です。
なぜ冷蔵室なのかというと、発酵食品である味噌は、常温では発酵し続けてしまいます。
その発酵を止めるのが「酒精(アルコール)」。常温保存のためには欠かせない存在なのです。
 
しかし、新山さんの味噌には酒精(アルコール)は入っていません。
ですので、味噌はすべて冷蔵保存。
容器に空気のバルブもついています!(右上に注目‼️👀)
 
20230313211343-admin.jpg
 
さて、閑話休題。改めて味噌たまりの現場へ‼️
大きな樽があります。人と比較してもその大きさが伝わるのではないでしょうか…!?
 
20230313211257-admin.jpg
 
ふたを開けてみると……
 
20230313211215-admin.jpg

これは…なんでしょう……🧐❓❓❓
 
実は、これは「ざる」が味噌の中に埋まっているのです。
味噌たまりのために新山さんが特注したとのこと!
 
「ざる」を味噌にぐーーーっと沈めると、徐々に徐々に液体が滲みだしてくるのだそうです。
それが「味噌たまり」です‼️
ちなみにこちらの味噌は、味噌たまり専用のもの。
旨味が滲み出すので、味噌自体は美味しくないんだそうです…。
 
すくってみると、上品なアンバーの色…♡
 
20230313211135-admin.jpg
 
しかし、そこで一つの疑問。
「ざるに滲みだすのを待つなら、一本分溜まるのにすごく時間がかかるんじゃないの?」と…。
そうなんです、実はこの味噌たまり、「仕込みからふた夏じっくり熟成」させるんです…!
 
手間暇かかる自慢の一品なのだそうです😍
 
20230313211054-admin.jpg
 
原液とお湯を入れたものを味見させていただきました。
原液を舐めると、甘くてまろやかな味わい。個人的にはこれでお餅が食べたくなるお味でした。お砂糖を入れてないのに、優しい甘みを感じます。
お湯を注ぐと、そのままお吸い物に。出汁を入れずともこれだけで完成!
万能すぎる調味料です😋💕
 
20230313211020-admin.jpg
 
当初の目的も忘れていませんよ~!
「こうじ蓋」と呼ばれる、こうじを作るために必要不可欠な道具の前で撮影🌈(するところを撮影させていただきました笑)
 
20230313210939-admin.jpg
 
味噌たまりを使って、どんな料理を作ったのでしょう??
ぜひ市報10月号のヨコテズキッチンをチェックしてみてくださいね✨
 
 
新山食品加工場を後にする前に、新山ご夫妻のお写真を撮らせていただきました。
素敵な笑顔をありがとうございます!!
 
20230313210850-admin.jpg
 
そして、本日ご紹介した新山食品加工場さんは、「全国発酵食品サミットinよこて」 の『よこて発酵マルシェ』に出店予定です。
 
合わせてお楽しみに!

〔 1479文字 〕

2022年8月 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

【終了しました】横手のおいしいを体験しよう! 〜ホテルdeラ…

No. 1225 〔1年以上前〕 , お知らせ , by 食と農ブログ Icon of admin
この前からイベントの告知が続いていますが…今回の投稿でもイベント告知をさせてください‼️
大好評だったフィールドデー2022の様子は後日お届けしますね😉
 
旬の横手産農産物を食べて『おいしい』を体験する地産地消イベントを開催します!
 
 
横手のおいしいを体験しよう!
〜ホテルdeランチバイキング〜

 
20230312145144-admin.jpg

【日時】
令和4年9月3日(土)~4日(日)
第1部:午前11時30分~午後0時30分
第2部:午後1時~午後2時
※事前に申込が必要です。
 
【会場】
ホテルクォードインyokote ぐぅぐぅ亭(横手市安田堰端52-1)
 
【定員】
各先着20人
 
【参加費】
○大人1,850円
○中高生1,520円
○小学生1,080円
(税込み、未就学児無料)
【申込期間】
~9月2日(金)
※平日のみの受付となります。
 
【申込先】
横手市食農推進課までお電話にてお申込みください。
TEL.(0182)35-2267
 
 
横手の食材をおいしく食べて地産地消🎶
ただいま全ての日程で空きがございます❗️
皆様のご予約、お待ちしております😋💕
 

※新型コロナウイルス感染予防を十分に行ったうえで開催いたします。

〔 556文字 〕

2022年5月 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

秋野菜栽培講習会(座学)の受講者募集中!

No. 1204 〔1年以上前〕 , お知らせ , by 食と農ブログ Icon of admin
秋野菜栽培講習会の受講者を募集中です♪
 
白菜、キャベツ、カリフラワーなどの秋野菜の栽培管理ポイントを横手市園芸振興拠点センターの講師が説明します。
当日は秋野菜苗の購入もできちゃいます✨(苗の注文も可能です)
 
 
【日時】
6月10日(金)13時30分~
【場所】
横手市園芸振興拠点センター(横手市大雄字狐塚253番地)

※今回は屋内での座学講習です。
 
 
【お申し込み先】
農林部 食農推進課 園芸推進係
TEL.0182-38-8034

「秋野菜栽培講習会に参加希望」とお伝えください。
 
ご参加、お待ちしております♪

〔 290文字 〕

■カレンダー:

2023年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

■最近の投稿:

■日付一覧:

■日付検索:

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

↑ PAGE TOP