ホーム > 「食と農」からのまちづくりとは


弥生時代から守り育てられてきた稲作中心の農村文化が受け継がれてきたまち。
  横手市には、今もなお、平地の約8割が農用地という良好な環境があります。
市内11,982世帯が農業に携わっており、市全体の世帯数の約4割を占めています。
冬の「かまくら」をはじめとして、地域に根付く多くの祭りや生活文化のルーツは「農」にあります。
 
広大な横手盆地に広がる穀倉地帯


「麹」を中心とした発酵文化など、伝統食文化が薫るまち。
  横手市は、昔から「麹」文化が盛んで、麹をふんだんに使用した漬物をはじめ、味噌・醤油の醸造や日本酒・甘酒など麹を生かした産業が発達してきた歴史があります。
また、交通の要衝であったことから、市内には伝統のある朝市が4ヶ所あります。
これからも、高品質な農産物の発信地として多くの「食」を世に送り出し続けていきます。
 
寛永20年から350年続く伝統を誇る
「増田の朝市」




豊かな地域資源の活用と農村文化の継承と発展を推進します!


売れる仕組みづくりの推進に取組みます!
よこてモデル及び地域協働型食農ベンチャーの創出及び育成に取組みます!


「食」の安全・安心と環境に配慮した農業を推進します!


 
横手市「食と農」からのまちづくりプロジェクト
〒013-0033
秋田県横手市旭川一丁目3-41 (平鹿地域振興局内)
TEL:0182-35-2267 FAX:0182-32-4021